SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

これからの「プロジェクト推進」を考える

プロジェクトを「みんなで進める」ために必要な“3つの要素”とは──これからのプロジェクト推進を考える

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

チームにあった方法を選択し短いスパンで繰り返す

2.チームの状態にあった進め方を選択する

 繰り返しになりますが、他社の成功(もしくは失敗)事例が、自分たちのチームにも同じように当てはまるとは限りません。何よりも意識していただきたいことは、チームの状態をよく観察し、自分たちに最適な進め方を選択していくことです。

 「Project Sprint」では、メンバーが感じている違和感や、新たに気づいた課題などをミーティング内でシェアし合うことを推奨しています。たとえば、定例ミーティングで10分程度の時間を作り、違和感や疑問点を洗い出して具体的な提案へと昇華したり、月に1回、30分ほど時間をとって振り返りを行ったりと、いくつかの実施方法があります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
これからの「プロジェクト推進」を考える連載記事一覧
この記事の著者

定金 基(サダカネ モトイ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング