SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ダイキンとpoint0、オフィスでの低酸素トレーニングによる健康増進効果の検証を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ダイキン工業とpoint0は、職場で手軽に健康増進に取り組める環境づくりの可能性を探るため、低酸素空間における短時間の運動が人の健康に与える影響を検証する実証実験を4月より共同で開始する。両社の技術と知見を組み合わせ、point0が運営する会員型コワーキングスペース「point 0 marunouchi」内に「低酸素ルーム」を共同で新設。また同施設を用いて、低酸素空間における短時間の運動が人の健康に与える影響に関する実証実験を行う。さらに、この実証実験で得た知見やノウハウをもとに、仕事の合間の時間を使って手軽に健康増進に取り組める業務空間に適した低酸素空間を構築し、オフィスや学校、自治体など幅広い領域への社会実装を目指すという。

実証実験の概要

 この実証実験は、短時間の高地トレーニングを想定して実施する。酸素濃度が通常の75%に設定された「低酸素ルーム」で、34名の被験者がウォーキングマシンやフィットネスバイクを使ってトレーニングを行う。30分間のトレーニングを週に1回または2回程度の頻度で4ヵ月間行い、入室前後の被験者の体重や筋肉量、体脂肪率、血圧、肌の水分量などのデータやアンケート結果をもとに有効性を評価する。

両社の主な役割

「低酸素ルーム」開設における両社の役割

  • point0:「WELL認証(WELL v2 pilot)」のゴールドランクを獲得した知見を活かし、トレーニング中に過ごす室内の温度、湿度、照度や色温度、人の目に触れる映像、聞こえてくる音などにも配慮し、利用者の快適性を重視した室内空間を構築する。
  • ダイキン工業:空気中の酸素と窒素を分離して酸素濃度をコントロールする技術を応用して新たに開発した「低酸素システム」を導入し、室内を低酸素トレーニングに適した酸素濃度に保つ。

実証実験における両社の役割

  • point0:「point 0 marunouchi」利用者およびダイキン工業社員を対象に被験者を募集する。
  • ダイキン工業:被験者の生体情報を収集・分析し、健康状態への影響を評価する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング