SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ニューノーマルのミドルマネジメント

「部下の成功が自分の成功」「究極のイエスマン」福田康隆氏が紐解く、小関貴志氏のミドルマネジメント観

第4回 ゲスト・聞き手:ジャパン・クラウド・コンサルティング 福田康隆氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 様々な企業が新規事業を求める中、新型コロナウイルスの流行によって就労形態も変わってきています。こういった状況の中、ミドルマネージャーは何を求められているのでしょうか。本連載では、Coupa株式会社 代表取締役社長/ジャパン・クラウド・コンサルティング アドバイザーの小関貴志氏が、グローバル企業のリーダーたちや、新しいマネジメントアプローチを提言する方々との対談を通じて、ミドルマネジメントの“型”を探っていきます。
  今回の聞き手はゲストのJapan Cloud パートナー/ジャパン・クラウド・コンサルティング 代表取締役社長の福田康隆氏。セールスフォース・ドットコム、マルケト、ジャパン・クラウド・コンサルティングと、長年ともに仕事をしてきた福田氏が、ミドルマネジメント時代からCoupa日本法人社長に到るまで培われた、小関氏のミドルマネジメント観を紐解きます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

セールスフォースに持ち込んだDell仕込みのマネジメント術

福田康隆氏(以下、敬称略):最初の出会いは、2007年に小関さんがセールスフォース・ドットコム(現セールスフォース・ジャパン)に転職されたときに遡ります。当時、私は同社で拡大しようとしていたインサイドセールスの部隊を率いる人を探していて、エージェント経由で紹介されたのが小関さんでした。どこから見ても欠点が感じられず、逆にうさんくさいと思ったのが小関さんの第一印象です。そこで多方にリファレンスを取りにいったところ、とにかく評判が素晴らしかった。

 小関さんのミドルマネジメント観を探るうえで、Dell(現Dell Technologies)でのキャリアは欠かせないと思うのですが、そのあたりからお聞かせいただけますか?

小関貴志氏(以下、敬称略):新卒でNECに入社して5年半ほど働き、2000年にDellに転職しました。最初はヘッドセットを着けて電話をとり、パソコンを売ったり、サーバーの見積もりを取ったりしていましたね。Dellは四半期で一般的な企業の1年ぐらいのスピード感と濃度がある会社で、3ヵ月経つと「チームリーダーにならないか?」という声がかかりました。

 背景には、当時のDellにIT出身者が少なかったこと、Dellのなかでもエンタープライズ製品担当で複数の担当者をサポートする役割だったことがあると思います。その後は、そのときどきで声がかかるのに任せて、インサイドセールス部門や個人営業部、オンラインビジネスなどのマネジメントを担当しました。

福田:Dellでは100人以上の部下を持たれていたこともあるそうですね。一方、出会った頃の私はセールスフォース・ドットコムでマネージャーになりたて。10人余りのメンバーを組織し始めたところでした。

 今でこそDellは「総合的なIT」としてのイメージが定着していますが、私たちが大学を卒業したての2000年頃は先端的な存在でした。圧倒的な成長の途にあった時代のDellで働いていた方には、特有の“戦闘力”があるように思います。

小関:同じことをセールスフォース・ドットコムや、今のジャパン・クラウドにも感じます。社員数が100人に及ばないような黎明期のタイミングで、そうした企業に目をつける人というのは、ある種のアンテナが高いかもしれません。

Coupa株式会社 代表取締役社長/ジャパン・クラウド・コンサルティング アドバイザー 小関貴志氏
Coupa株式会社 代表取締役社長/ジャパン・クラウド・コンサルティング アドバイザー 小関貴志氏

福田:Dell出身者には、実行力や数字に対する強さなど、マネージャーとして大事な要素が揃っていた印象があります。そういったDellのいいところを、初期のセールスフォース・ドットコムでは取り入れたし、小関さんもDellで得た気づきを、セールスフォース・ドットコムのチームに伝えてくださったと感じます。

 私の印象に強く残っているのは、小関さんの「上司はブレちゃだめです」という言葉。色々な社員の意見がある中で、ミドルマネージャーとしての自分自身の方針が揺れてしまいそうなときの支えになりました。

小関:Dell時代は多くのメンバーを抱えていたので、一人ひとりに対して柔軟に対応することができず、そうせざるを得なかった面もあります。ほめるられた話ばかりではありません。

福田:初期のセールスフォース・ドットコムで小関さんのチームにいた「小関チルドレン」が各所で今、リーダーとして活躍しています。彼らにとって小関さんは“上司”というよりは、各人の成長や精神的なサポートする“先生”として位置付けられていたように思うのです。

 小関さんは、日本法人の代表に就任されたCoupaの社員の方々が読むことも念頭に書かれた記事をnoteで毎日投稿されています。内容は、小関さんが日々考えられていることが中心で、単に業務に直結することではなく、そこに到るまでの「ものの見方、捉え方」に焦点があてられているように感じられます。

JAPAN CLOUD パートナー/ジャパン・クラウド・コンサルティング 代表取締役社長
JAPAN CLOUD パートナー/ジャパン・クラウド・コンサルティング 代表取締役社長

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
メンバーのキャリアを見据えた“しつけ”で自立を促す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ニューノーマルのミドルマネジメント連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

皆本 類(ミナモト ルイ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング