SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ロシア・ウクライナ情勢で50%以上の企業が「仕入数量の確保難」に直面―帝国データバンク調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 帝国データバンクは、ロシア・ウクライナ情勢による原材料や商品・サービスなどの仕入れへの影響について、調査を実施した。

 なお、同調査は「TDB景気動向調査2022年4月」調査とともに行われた。

企業の50.8%が「仕入数量の確保難」、66.7%が「仕入価格の高騰」に直面

 原材料や商品・サービスの仕入れへの影響について尋ねたところ、仕入数量の確保面で「影響を受けている」企業は50.8%と、半数を超えた。内訳をみると、「大きな影響を受けている」が3.8%、「影響を受けている」が8.9%、「少し影響を受けている」が38.1%(小数点以下第2位を四捨五入しているため、内訳は必ずしも一致しない)となっている。

 他方、原材料や商品などの価格高騰の面で「影響を受けている」企業は66.7%と、7割近くにのぼった。内訳をみると、「大きな影響を受けている」が10.2%、「影響を受けている」が15.6%、「少し影響を受けている」が41.0%となっている。

「木造建築工事」など木材を扱う業種で、企業の8割超が仕入れ困難に

 原材料や商品などの、仕入数量の確保面で「影響を受けている」企業の割合を主な業種でみると、「木造建築工事」が88.3%、「木材・竹材卸売」が83.6%、「建築工事」が81.6%と、ロシア発「ウッドショック」により、木材を扱っている業種で影響が目立っているという。

 また、「水産食料品製造」はロシア産品の不足により、7割近くの企業がマイナスの影響を受けているとしている。

工事関連やガソリンスタンドなどが仕入価格の高騰に直面

 原材料や商品などの仕入価格面で「影響を受けている」企業の割合を主な業種でみると、木材価格の高騰が響いている「木造建築工事」は91.3%にのぼった。また、原油価格の高騰の直接的な影響を受けている、ガソリンスタンドなどの「燃料小売」も91.2%という結果になった。

 ほかにも、小麦などの穀物製品や水産品などの価格上昇に直面している「飲食店」(86.6%)や、軽油などの燃料が必要となる「一般貨物自動車運送」(84.7%)などは、8割超の企業が仕入価格の高騰により影響を受けているという。

仕入れ関連問題に直面している企業の5割近くが価格転嫁を実施

 原材料や商品・サービスの仕入数量の確保、または価格高騰に直面している企業に対し、実施している対策を尋ねたところ、「原材料や商品価格上昇分の販売価格への転嫁」が48.3%でトップとなった。次いで、「代替品への切り替え」(21.3%)、「調達先の変更(国内)」(14.9%)、「調達ルートの変更」(14.8%)などが続いた。

 企業からは、「調達ルートの変更は余儀なくされているが、燃料サーチャージが予想を上回って高騰しており、利益に響く」(靴・履物卸売)や、「仕入単価の高騰に関しては自社の利益の減少にて対応、不足数量に関しては代替品および仕入先の拡大などでなんとか必要数量を確保している状況」(一般土木建築工事)などの声が聞かれる一方、「汎用品ではないので代替品への切り替えや調達ルート・調達先の変更はほぼできない」(鉄鋼・非鉄・鉱業)にあるように、対策を実施する状況にない企業もみられたという。

仕入れ関連問題に直面している企業の1割近くが生産拠点の国内回帰を検討

 原材料や商品・サービスの仕入数量の確保、または価格高騰に直面している企業に対して、検討している対策を尋ねたところ「原材料や商品価格上昇分の販売価格への転嫁」が36.1%でトップとなった。次いで、「代替品への切り替え」(25.2%)、「数量確保できない分の価格の上乗せ」(23.5%)、「調達ルートの変更」(22.6%)、「調達先の変更(国内)」(20.2%)が続いた。特に「数量確保できない分の価格の上乗せ」は、前述の「すでに実施している」企業の割合(9.5%)よりも14.0ポイント高く、今後より対策が進むとしている。

 また、企業の約8%で、政府が新型コロナウイルスの感染拡大を背景に促進してきた「自社生産拠点の日本国内への回帰」および「自社生産拠点の第3国への分散・移転」の実施を検討しているという。

 企業からは、「大手や他社が中国など海外で製造していたものを、物流価格の増加や運送状況の悪化などで、国内へ回帰している。その影響で、当社を含めた中小企業が取引している既存の国内製造業者などへ注文が集中し、新型コロナウイルスで人員を減らしているため生産余力がなく、納期が大幅に遅れている。国内回帰の動きが激しい」(がん具・娯楽用品卸売)などの声があがったとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング