SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

データ分析×ロジカルシンキング

分析作業の前に必要となる「課題定義」、5つのポイント

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“データ的視点”のポイント-比較対象の明確化、事実の特定

3:比較対象を明確にすること-「下がった」とは、どの対象との比較か?

 変化を示すときには、「どこと比べて」評価しているのかをはっきりさせましょう。比較する対象は半年前なのか、前年同期なのか、前月なのか。そのビジネスの特性や目的などによって、どこと比べると最も適切に評価できるのかは変わりますが、少なくとも「どこと比べて論じているのか」を明確にすることは誰にでもすぐにできます。

タイトルどの時点で比較して「下がっているのか」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
データ分析×ロジカルシンキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

柏木 吉基(カシワギ ヨシキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング