SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

データ分析×ロジカルシンキング

分析作業の前に必要となる「課題定義」、5つのポイント

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“データ的視点”のポイント-課題のキードライバー(主指標)

5:“課題”のキードライバー(主指標)を特定する

 特にデータ分析をする場合には、今話題となっている「主課題を規定する指標(変数)」は何かをはっきり決めておくことが、後に続く分析や結果解釈のブレを低減します。
 例えば「売上悪化が課題だ」とした場合、ここでの「売上」とは「売上個数」なのか「売上額」なのか。または、月単位での話なのか四半期ごとなのかなど、いくらでも解釈が可能です。課題設定の段階でこの指標を明確に定義することで、データ分析から外せない変数や、結果を評価する際の変数も自ずと決まります。これにより「目的志向」に適ったデータ分析ができます

 以上のポイントを分析の入口で意識し、必要な場合にはできるだけ具体化しましょう。
 ここをないがしろにして分析作業に入り、何のための分析か途中で分からなくなったり、独りよがりの分析に突っ走ることがよく起こります。
 最新式の高性能なカーナビを備え、詳細な操作法をすべてマスターしたものの、行先を決めていなかったことに、走り出してから気付くことと同じです。
 こう見ると可笑しい話ですが、実際よくあることなのです。決して笑えないのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
データ分析×ロジカルシンキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

柏木 吉基(カシワギ ヨシキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング