SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

NTT東日本と調和技研、農作物の配送ルート最適化プログラムを開発 農作物の劣化抑制や移動距離削減へ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 東日本電信電話(NTT東日本)と調和技研は、AIを活用した農作物(馬鈴薯)の積荷作業車(タイヤショベル)とトラックの配送ルート最適化プログラムを開発した。

 同プログラムは、集荷希望日・集荷場所、タイヤショベルやトラックの台数、優先したい条件(時間や距離など)を入力すると、タイヤショベルとトラックの最適なルートを地図上に表示。これにより、トラックの移動距離や待ち時間を少なくし、これまで負担となっていた担当者のルート作成時間の軽減にもつながるとしている。

 また、集荷待ちの減少による馬鈴薯の劣化抑制、トラックの移動距離削減による化石燃料の削減およびCO2排出量の低減、作業の効率化による労働力不足問題への対応が期待できるという。

プログラム概要
[画像クリックで拡大表示]

 両社は今後、同プログラムの機能を拡充させるとともに、2022年度秋にJA士幌町で実際の集荷配送業務に活用。効果の検証およびAIの精度を高め、次年度の本格導入を目指すという。また、農業だけでなく経路選択が必要な流通分野への展開も見据えて、取り組んでいくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング