SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

三菱電機、AIを用いた産業用モーター設計支援システムを開発 業務負荷軽減、製造リードタイム短縮を実現

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 三菱電機は、東芝三菱電機産業システム(以下、TMEIC)と共同で、三菱電機のAI技術「Maisart」を用いて、短時間で熟練設計者による設計と同等性能の設計を実現する産業用モーター設計支援システムを開発した。2023年度にTMEICで導入し、設計時間短縮による業務負荷軽減や製造リードタイム短縮を実現する。

「AIを用いたモーター設計支援システム」のイメージ
「AIを用いたモーター設計支援システム」のイメージ
クリックすると拡大します

 両社は、

  • 設計者が入力する希望性能に近い性能を実現する過去の設計仕様とその性能をAIが提示する処理を繰り返すことで、設計者による希望性能の調整と過去の設計仕様選択をAIが支援
  • 過去の設計仕様に基づき最適な設計仕様候補をAIが提示

という2段階の構成により、設計仕様を短時間で決定する産業用モーター設計支援システムを開発。TMEICの設計者が過去の設計仕様に対してこの技術を適用したところ、熟練の設計者で従来1日(初心者で3日)かかる作業が約3時間へ短縮できることを確認したという。

 この技術により、設計者は希望性能をAIへ入力し、AIが提示する過去の設計仕様の性能に基づき希望性能を微調整して再入力するだけで、希望性能に近い過去の設計仕様を得ることができる。さらに希望性能に近い過去の設計仕様に基づきAIが新たに最適な設計仕様候補を提示することで、熟練者の設計手順の容易化・標準化が可能となる。この技術を発展させることで、初心者への技能伝達効率化や設計の性能向上にも貢献するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング