SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

ポケトーク松田CEOが語る、「言葉の壁をなくす」というミッション──新製品で描く事業戦略とは?

講演者:ポケトーク株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 松田憲幸(まつだ のりゆき)氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 2022年10月22日、携帯翻訳機のポケトークを手掛けるポケトークは、新製品「ポケトーク同時通訳」(特許出願中)の今冬の提供開始を発表。会見の中で、ポケトークの松田憲幸CEOが語った、“言葉の壁をなくす”事業戦略、ポケトークの新製品の概要、その製品で見据えるミッションの実現などをレポートする。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ポケトークにおける「コロナ禍の壁」

 携帯翻訳機のポケトークは、2017年12月に初代ポケトークがリリースされ、ポケトークW(2018年)やポケトークS(2019年)、ポケトークS Plus(2020年)とラインナップを拡充してきた。2021年にはPC用ソフトウェアとして「ポケトーク字幕」(無料版)を、2022年には「ポケトーク字幕」(有料版)をリリースする。「ポケトーク字幕」は、リモートワークでの多言語会議などにおいて、話したことを翻訳し、画面に字幕として出せるソフトウェアだ。さらに2022年には、AndroidやiOS用として「ポケトークアプリ」(有料版)をリリースしている。

 記者会見ではコロナ禍でのビジネス環境が語られた。ポケトークはリモートワーク環境下で、多言語でのオンライン会議など用途が拡がっているが、その重要な利用シーンは「観光」であろう。

 日本政府観光局(JNTO)の調査[1]では、2003年から2021年までの「訪日外国人旅行者数」と「出国日本人数」が報告されている。2019年と2020年/2021年の比較がわかりやすい。「訪日外国人旅行者数」は、2019年が3,188万人だったのに対して、2020年は412万人、2021年は25万人となっている。同様に「出国日本人数」は、2019年が2,008万人だったのに対して、2020年は317万人、2021年は51万人と大幅に減少している。

 2022年2月、ソースネクストの子会社として「ポケトーク株式会社」が設立され、ソースネクスト創業者の松田氏自身が代表取締役社長兼CEOに就任する。上記のように「携帯翻訳機のポケトーク」は順調に推移したが、コロナ禍による観光客の激減により打撃を受ける。しかし、リモートワーク需要などに対応し「ポケトーク字幕」などをリリースする。そのタイミングでの分社化となった。

 ポケトークは、「言葉の壁をなくす」をミッションに掲げ、相手の言葉を話せなくても互いに自国語のまま対話でき、深くわかり合える世界の実現を目指して「ポケトーク」シリーズを世界中で展開している。分社化でさらに、さまざまな「言葉の壁」に対して事業や製品で課題解決を図りたいという。では松田氏は、言葉の壁をどのように捉えているのだろうか。


[1]日本政府観光局(JINTO)「訪日外国人旅行者数・出国日本人数の推移」(観光庁:訪日外国人旅行者数・出国日本人数)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
3つの「言葉の壁」とは何か

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

栗原 茂(Biz/Zine編集部)(クリハラ シゲル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング