SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

富士フイルム、同社国内初のバイオCDMO拠点を富山県富山市に新設 ライフサイエンス事業の成長を加速

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 富士フイルムは、ライフサイエンス領域の事業成長を加速させるため、同社では国内初のバイオCDMO拠点を富山県富山市に新設する。富士フイルム富山化学による設備投資を通じて設立するもので、2026年度の稼働を予定しているという。

 なお、今回の新拠点設立は、経済産業省が推進する「ワクチン生産体制強化のためのバイオ医薬品製造拠点等整備事業」に採択されている。同拠点には、海外で培ってきたバイオ関連技術やデュアルユース設備などを導入。バイオ医薬品のプロセス開発・製造受託サービスを製薬企業に提供し、事業成長を加速させていくとしている。また、パンデミック時には、受託サービスを通じて、製薬企業による国産ワクチンの迅速開発・供給をサポート。日本政府が主導する、ワクチンの国内生産体制強化の一翼を担い、日本国民の健康保持に貢献していくと述べている。

 新拠点の特徴は以下のとおり。

  • 富士フイルム富山化学の既存工場の敷地内に設備投資を行い、同社では国内初となるバイオCDMO拠点を新設。バイオ医薬品の生産プロセス開発が可能な設備の導入に加え、バイオ医薬品の治験薬製造・商業生産が可能な新棟を建設
  • 平時には、抗体医薬品・抗体薬物複合体(ADC)といったバイオ医薬品の製造、パンデミック時にはmRNAワクチン・遺伝子組換えタンパクワクチンの製造が可能なデュアルユース設備を整備。原薬製造から製剤化、包装までを一貫して受託できる体制を構築
  • バイオCDMOとして30年以上の実績を有し、幅広いバイオ医薬品の開発・製造受託に対応できるFUJIFILM Diosynth Biotechnologies(フジフイルム ダイオシンス バイオテクノロジーズ)の培養・精製技術や遺伝子組換え技術などのバイオテクノロジーを導入。高効率生産を可能とし、高品質なバイオ医薬品の迅速かつ安定的な製造を実現
  • 富士フイルム富山化学、FUJIFILM Diosynth Biotechnologies、富士フイルム和光純薬が緊密に連携してバイオCDMOサービスを提供し、顧客を強力にサポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング