執筆者情報

梅原 タカオ

(ウメハラ タカオ)

ニューヨークをベースとするクリエイティブ・シンキングのトレーナー、イノベーション戦略家、デザイナー。
ブランディング、サービスデザイン、UX、ビジネスデザインに精通し、デジタル製品デザイン、ビジネスデザイン、空間デザインなど手がけている。著作には、クリエイティブシンキングのインスピレーションブックextra ordinaryがある。
慶応大学総合政策学部卒、アートセンターカレッジオブデザイン、グラフィックデザイン学科卒。The New School (Parsons)の大学院Strategic Design and Managementにてイノベーション戦略を1年間集中特訓を受ける。ニューヨークのオグルビー&メイザー ブランドインテグレーショングループなど数社で、コカコーラ、デュポン、IBM、NYタイムズ、ヴァージン・アメリカなどのブランディング、デジタル製品開発を経て、ブルックリン発の教育テクノロジー会社Amplifyにて、没入体験型の体験学習プロダクトELA QUESTの新商品開発、教育プラットフォーム開発。デザイン戦略家として、デザイン思考を全社に広める活動の立ち上げや、社内イノベーションプログラムの開発に携わる。その後、CreativeGymを創立。新製品、サービス開発のコンサルティングと、クリエイティブシンキングのトレーニングを提供している。述べ、500人以上に、クリエイティブシンキング、デザイン戦略フレームワークなどのトレーニングワークショップを提供してきている。

執筆記事一覧