先入観を突破する「パーセプション・エンジニアリング」の実践手法、「引き算フレームワーク」とは?

第2回

 デザイン思考の限界を超え、0→1発想を可能にする「クリエイティブ・シンキング」に関して解説する本連載。前回は、先入観を洗い出し、それを操作していく「パーセプション・エンジニアリング」を、誌面上での思考実験という形で体感いただきました。
 今回は、「パーセプション・エンジニアリング」を具体的に実践するために、誰でも簡単に実践的に先入観を破っていくフレームワークを紹介していきます。

[公開日]

[著] 梅原 タカオ

[タグ] デザイン思考 クリエイティブ・シンキング パーセプション・エンジニアリング 認知心理学 認知バイアス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あの斬新なサービスの着想の背景には何があるのか?

 いきなりですが、ここでクイズです。

タイトル

 上図は左から、dysonの扇風機、(サービス全体としての)Uber、ATMマシンです。

 ここで、読み進めるのをやめて、30秒ほど考えてみて下さい。

 これらに共通するものは何でしょうか?

バックナンバー