Biz/Zineニュース

財産ネット、ニュースの株価への影響をプロが投票する「兜予報」が予報精度71.7%を達成

投票・コメントを行うアナリスト・トレーダー等兜町関係者を追加募集

 財産ネット(東京都世田谷区)は、アナリスト・トレーダー等が経済ニュースの株価への影響について投票を行う「兜予報」において、サービスローンチから1か月となる10月9日~16日に週間予報精度71.7%を達成したことを発表した。また、さらなる予報精度の向上に向け、投票・コメントを行うアナリスト・トレーダー等兜町関係者の追加募集を開始する。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「兜予報」は、現役トレーダーを含む兜町のプロが投票することで「上がる・下がる・織り込み済」を分かりやすく予報するキュレーションメディアで、9月にローンチした。

 「兜予報」では、平日15時以降に発表されることが多いIRニュースや、時事ニュース、PR発表記事等の中から、相場形成に影響があると考えられる記事をピックアップしてプロに意見を求めるので、記事単位でのアナリストコンセンサスに当たる投票結果を知ることが可能な新しい無料メディアだという。

 現在アナリスト個人の予測精度を競う企画としては、Yahooファイナンスにおける「投資の達人」や、夕刊フジ/ネットマネーによる「株-1グランプリ」等があり、多くの一流アナリストが企画を通して予測を公開している。

 たとえば、Yahooファイナンス「投資の達人」123名中、10回以上の予測で勝率70%超は1名、60%超で2名に過ぎず、一流アナリストでさえ継続的に予測精度を達成することは困難となっているとしている。

 「兜予報」は、個々のアナリストの得手不得手、有名かどうかに依存することなく、アナリスト/トレーダー/ベテランの営業マンの皆様に投票に協力してもらうことで、兜町の集合知を投票という形態で見える化し、一般知識では判断が難しい経済ニュースに対する兜町の見立てを「上がると思う方がX%、そのままと思う方がY%、下がると思う方がZ%」という形で一目で分かりやすく伝えている。サービスローンチ後1か月となる10月9日~16日で週間予報精度71.7%を達成したという。

 今後、「兜予報」では予報精度の向上にはバラエティに飛んだ兜町関係者からの投票が欠かせないとし、各記事に対して投票およびコメントする兜町関係者の追加募集を開始した。