SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

イントラプレナーズ・リアル

東急のイントレプレナー加藤さんが語る、大企業のDNAにある“ベンチャーマインド”を取り戻す意味

東京急行電鉄株式会社 事業計画部「東急アクセラレートプログラム」運営統括 加藤 由将 氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

東急電鉄のDNA――プラットフォーム・デザインによる新価値の創造

佐宗:
 大企業の中で「新しい動き」を正当化するための方法は、ビジネススケールではなく何があるのかといえば、「会社のDNA」ではないかと思っています。チャレンジにおいて「共感を拡げる」ことが大事だとしたら、会社のDNAって大事じゃないのかな、と。加藤さんの活動は、これまで東急がやってきたことの根底にある「プラットフォーム・デザイン」なのではないかと思います。「新たな創業」をしているように見えました。

加藤:
 以前立ち上げに携わっていた「住まいと暮らしのコンシェルジュ」もそうですが、一つのコンテンツサービスを作るよりもプラットフォームサービスを作るべきだと考えています。私がその方向性で新規事業を考えるときには、“大上段の部分”をけっこう大事にしています。大きなスケールで「社会的価値を創出できるかどうか=社会還元」が根幹にあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
イントラプレナーズ・リアル連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング