インタビュー イントラプレナーズ・リアル

東急のイントレプレナー加藤さんが語る、大企業のDNAにある“ベンチャーマインド”を取り戻す意味

東京急行電鉄株式会社 事業計画部「東急アクセラレートプログラム」運営統括 加藤 由将 氏

 東京急行電鉄株式会社 都市創造本部 開発事業部 事業計画部 企画担当 課長補佐である加藤由将氏。氏は現在、大企業とベンチャーの共創によって新しい価値を生み出す「東急アクセラレートプログラム」を進めている。紆余曲折、そもそもの事業をどのように立ち上げていったか、難局をいかに乗り越えていったのか、を聞いた。好評であった前編に続く後編では、苦難続きであったアクセラレータ・プログラムに影響をもたらした多くの人からの叱咤激励、イントレプレナーやベンチャーとの共創を経て、これからの自身の仕事観や所属企業への想いなどを聞いた。インタビュアーはBiz/zineでおなじみのbiotope佐宗邦威氏。

[公開日]

[語り手] 加藤 由将 [聞] 佐宗 邦威 [取材・構成] 中岡 晃也 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] スタートアップ ベンチャー 事業開発 社会・公共

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「こんなプランでは全然面白くない!」と言われて…。

佐宗(biotope 代表取締役社長 / イノベーション・プロデューサー):
 社内承認をひとまず得て、スタート地点に立った状況までを前回お聞きしました。ベンチャーとのシナジーを生んでいく「絵」も少し見えてきた段階から、次の成長ステージはどのようなことが起こりましたか?

加藤(東京急行電鉄株式会社 事業計画部 企画担当 課長補佐):
 いろいろなビジネスコンテストやアクセラレータプログラムを調査・研究させていただくなかで、「プログラム」に大きな影響を与える出来事が一つありました。起業家教育の権威でもある早稲田大学の長谷川博和教授から、初期構想に対して「こんなプランでは全然面白くない!」と、3時間みっちりと愛情を持って厳しいご指導をいただきました。

佐宗:
 この企画が既に走っている段階になってですか?

加藤:
 まだ企画設計の段階です。当初の企画は起業家に機会を与える単なるビジネスコンテストを想定していました。長谷川教授からは、「ビジネスコンテストは数多(あまた)あるし、良いベンチャーであれば多くのVCや企業から断りきれないほど投資の申し出もある。市場は金余りの状態(相談当時)で、資金的な支援はすでにコモディティ化しており、単なるビジネスコンテストだったらいまさら始めても意味がない。VCには出来ない事業会社ならではのベンチャー支援があるはずだ。」というアドバイスをいただきました。

 プログラムのコアに悩んでいた中、長谷川教授のこの大変ありがたいご指摘により、「ベンチャーとの事業共創」というコアを設定し、プログラムの設計を大きく変更することになりました。

加藤 由将東急電鉄株式会社 事業計画部 企画担当 課長補佐 加藤 由将

バックナンバー