SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

越境者-振り子の思考のイノベーター

問いと答えのあいだを行き来し、「越境」する

takram design engineering 渡邉 康太郎 氏インタビュー:前編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

現代において、問題を分解しても答えに辿り着かない

渡邉康太郎渡邉 康太郎 氏(takram design engineering クリエイティブディレクター)

――時代の変遷と同時に、求められる人材や能力が変化していることは強く実感します。それに対して、どういったアウトプットやソリューションを見出すべきなのでしょうか?

 問題の性質が複雑化すると、分解が難しくなるという課題があります。さらに、問題を分解することで、逆に本質的な意味を見誤る恐れもあります。従来の機械工学的アプローチは、大きな問題を細かく分解して最小問題にまで分け、それを一つずつの部品の機能に落としこむ、という発想に基づいています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
越境者-振り子の思考のイノベーター連載記事一覧

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング