Biz/Zineニュース

琉球インタラクティブ、小笠原村観光局の「OGASAWARUN 」スペシャルサイトを制作

“ランニング旅行モデルプラン”を紹介

 琉球インタラクティブ(沖縄県宜野湾市)は、小笠原村観光局が「新しい小笠原での旅の楽しみ方、旅の目的」として提案している「OGASAWARUN ~走らなきゃ見えない、小笠原~」のスペシャルサイトを制作し、11月20日に公開した。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「トレーニング&リフレッシュ」をキーワードに展開されている「OGASAWARUN」とは、世界自然遺産小笠原諸島の大自然の中でランニングとリフレッシュを同時に楽しむ、ランニングトリップ。

 最短でも5泊6日を必要とする小笠原旅行の日程は、走力アップとリフレッシュに最適で、片道25時間半の船でゆっくりと休息をとる、温暖な気候の中でバラエティに富んだコースで走力を鍛える、世界遺産の大自然を全力で楽しみ心からリラックスするなど、都会では経験できないランニングが体験可能だという。

 サイトでは、美しいビジュアルや小笠原在住の5人の女性ランナーへのインタビューを通し“走る”という視点での小笠原の魅力を伝えるとともに、自分なりのトレーニング・観光プランを作れるよう“ランニング旅行モデルプラン”を紹介している。

 このモデルプランでは、5泊6日の行程に合わせ1日ごとに詳細なタイムスケジュールを掲載、ナイキ・ランニングエキスパートである真鍋未央コーチ監修によるトレーニングアドバイスやレベル別の推奨コースなどを通し、事前にトレーニングを具体的にイメージできる内容となっているという。

 このサイトでは、ランナーに向けて企画・実施されている「OGASAWARUNスペシャルツアー ~小笠原ラントレーニング&リフレッシュツアー 6日間~」についても合わせて紹介している。