Biz/Zineニュース

クラビスの自動経費精算アプリ「STREAMED」とPFUの「ScanSnap Cloud」の連携開始

領収書をスキャンするだけで自動的に「STREAMED」にデータ送信

 クラビス(東京都千代田区)は、領収書をスキャンするだけで経費精算ができる「STREAMED」と、PFU(横浜市西区)が提供する「ScanSnap Cloud」との連携を11月25日から開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] データテクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「STREAMED」は、スキャナやスマートフォンのカメラで領収書の画像を取り込むだけで、オペレーターがデータ化して返すクラウド経費精算アプリ。機械による文字認識(OCR)を使わず、オペレーターが目で見て作業しているため、手書きの領収書でも99.9%正確にデータ化できるという。

 個人事業主の確定申告や、企業の経費精算、会計事務所の記帳業務の効率化など幅広いビジネスシーンで利用されている。

 「ScanSnap」は、ワンプッシュで書類を電子化できる操作性と、コンパクトなボディでありながら高速読み取りが可能なことから、国内No.1シェアを持っているという。

 今回、「STREAMED」とPFUが開始する「ScanSnap Cloud」が連携することにより、「ScanSnap」で領収書をスキャンするだけで、パソコンの操作をせずに自動的に「STREAMED」にデータが送信され、自動入力の処理が開始されるようになる。