SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

INNOSIGHT流イノベーションの興し方

「マーケティング課題」を解決する、クリステンセン教授の“Job to be done”とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ドラッカー曰く「会社が売っているものを顧客が買っていることはない」

 会社が売っているものが、顧客のどのようなジョブを解決しているのかは案外把握できていない。ドラッカーもこのように言っている「会社が売っているものを顧客が買っていることはない」。それには2つ原因がある。

  • 自社が意図した目的で商品が使われている、愛されている、という希望的観測
  • 作り手と使い手の距離

 「素直さ」と「現場感」ともいえるかもかもしれない。とにかく中立な立場で、現場に足を踏み入れ、顧客のジョブを把握するところから次の商品開発やマーケティングキャンペーンを始めてみてはどうだろう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
INNOSIGHT流イノベーションの興し方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

津田 真吾(ツダ シンゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング