インターナレッジ・パートナーズ、世界の企業情報提供サイト「CorpFilings」をスタート

米国上場企業の財務情報から情報提供を開始

 Inter-Knowledge Partners(東京都中央区)は、世界の企業情報が入手できるWebサイト「CorpFilings」を12月から運営開始した。まず、米国上場企業の財務情報のみを提供し、今後は日本・アジア・欧州企業と対象企業の範囲拡大と、株価やプレスリリース等の非財務情報の提供について予定している。(画像は「CorpFilings」のトップ画面)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ファイナンス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「CorpFilings」は、世界の企業データを整理・格納し、企業とStakeholder(投資家、労働者、消費者、地域住民等)が集まる新しいStakeholder-Relationshipプラットフォームを構築することで情報コストのむだをなくすことをめざしているという。

 自国以外の企業情報に対する情報コストは未だに高く、グローバルレベルで最適なStakeholder-Relationshipの構築することは企業にとって重要な経営課題だという。「CorpFilings」はこうした経営課題をテクノロジーの力によって解決していくとしている。

 現状では、米国上場企業約15,000社の財務情報のみを提供しているが、日本・アジア・欧州企業へと対象企業を拡大させるとともに、株価やプレスリリースといった非財務情報についての提供にも力を入れていく予定だ。