ビジネス・ブレークスルーと電通が共同プロジェクト「A&Dグロースプロジェクト」を発足

ベンチャー企業と事業会社の双方を支援することで相乗効果を期待

 ビジネス・ブレークスルー(BBT、東京都千代田区)と電通(東京都港区)は、共同で事業会社とベンチャー企業の連携を通じてビジネス成長をサポートする「A&Dグロースプロジェクト」を立ち上げると発表した。(画像は、「A&Dグロースプロジェクト」構想)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ベンチャー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このプロジェクトは、電通グループのマーケティングコミュニケーションや事業コンサルティングに関する知見とBBTが運営するアタッカーズ・ビジネススクール(ABS)の起業家育成教育に関する知見を活用して共同開発する、新たな成長支援パッケージを提供するもの。

 「A&Dグロースプロジェクト」は、電通グループのマーケティングコミュニケーション、事業コンサルティングに関する知見とABSの起業家育成教育に関する知見を活用して、成長途上のベンチャー企業と、新規事業立ち上げやベンチャー投資に不安や不満を持つ事業会社の双方を同時にサポートするものだという。

 ベンチャー企業、事業会社双方の成長支援を同時に行うだけでなく、その交流、連携を促すことでさらなる成長効果も期待できるとしている。

 「A&Dグロースプロジェクト」では、新規事業の必要性を感じながらも自社では開発ノウハウを担保できない大企業や中堅企業に対する、ABSの起業家を含む卒業生ネットワークと連携した成長支援プロジェクトを推進するという。

 さらに、起業したものの成長戦略を描ききれないベンチャー企業も対象に加え、多様な企業の成長ニーズに対応できる新たなプログラムを、1年以内を目途に開発していく予定だという。将来的には、「A&Dグロースプロジェクト」を発展させ、事業会社とベンチャーをつなぐプラットフォームとして活用することをめざすとしている。