小田急電鉄、「ホテルカンラ京都」を取得し隣接施設をホテルへコンバージョン

UDSがリノベーションを実施し11月からオープンへ

 小田急電鉄(東京都新宿区)は、小田急グループのUDS(東京都渋谷区)が運営する「ホテルカンラ京都」の資産(土地・建物)および隣接する教育施設の資産を取得し、取得した教育施設をホテル用途へ転換するコンバージョン工事を実施すると発表した。(写真は「ホテルカンラ京都」の室内)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] コミュニティ 事業開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ホテルカンラ京都」は、「既存建物を活かしながら、京都の伝統的な住宅形式である京町家の考え方を取り入れた空間」というコンセプトのもと、2010年に29室を擁するホテルとしてオープンした。同ホテルは、JR京都駅から徒歩10分程度の好立地に位置しており、宿泊客全体の40%以上を訪日旅行客が利用するなど、国内外の旅行雑誌や旅行情報サイトでも好評を得ているという。

 コンバージョン工事では、UDSが「継承と革新」をデザインコンセプトに京都の伝統を継承しながら、京都で培われた技術と技法を用い、革新する空間の創造を目指し、企画・設計業務を担う。2016年11月(予定)には、既存の29室に39室を加え68室に拡張するほか、レストラン、カフェラウンジを新設し、UDSが「ホテルカンラ京都」として一体的に運営することになる。

 小田急グループは、「長期ビジョン2020」で、2020年度までを「収益基盤を強化し事業成長すべき期間」と位置付けており、その実現に向けて昨年2月にUDSを株式取得により子会社化し、同社の持つノウハウとあわせて、中期経営計画において新たに設定した成長投資枠を活用することで、沿線外における新たな事業展開のほか、既存施設のリノベーションや沿線におけるまちづくり等による収益源の獲得を進めているという。

 UDSは、これまでコーポラティブハウスのトータルコーディネート、ホテルのリノベーションを行った「ホテルCLASKA」、「キッザニア東京」の企画、設計、スポンサー企業開発を手掛けるなどの実績がある。「ホテルカンラ京都」もUDSによりリノベートされオープンしている。