SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

福岡STARTUP STYLE

日本の宇宙工学の梁山泊QPS研究所、大西社長が語る 「木星への夢」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

QSAT-EOS

日本各地いろんな所で、衛星が作られているので知識を提供する形で支援に行くんです。衛星業界はコンサルティングという職種はないので、みんな手を動かす形で実践プロジェクトに参加します。

会社としての事業収入は、大西さんのこうした支援ビジネスや補助金で順調に回っている。かなり忙しいので、あと数名スタッフを増やしたいという。募集するメンバーの条件を聞くと、意外にも宇宙工学の専門性は問わないという。

専門的知識よりもチームビルディング力やマネジメント力が必要ですね。あと、手を動かしてモノを作れる人。電子工作でもラズベリーパイのようなキットでも良い。ラジコン作るのも新幹線作るのも人工衛星を作るのも、規模が違うだけで基本は同じですよ。

サイエンティストとエンジニアの集団でありながらも、ベンチャーとしての野望はしっかり持っている大西さん。ベンチャーキャピタルからのオファーもあり交渉中だという。大西さんが見据えているのは、その遥か先にあるこんな夢だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

  • Page 1
  • Page 2
  • Page 3

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
福岡STARTUP STYLE連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (Biz/Zine編集部)(キョウベ ヤスオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング