価値提案を創る「3つのキーアクティビティ」

第12回

 前回は、オペレーション基盤の1つめの要素「コンピタンス」を2回にわけて解説しました。今回は、オペレーション基盤の2つ目のビジネス要素である「価値構成」です。

[公開日]

[著] 白井 和康

[タグ] ビジネスモデル 競争戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ競争優位は生まれないのか?

 まずは、いつものように今回のテーマの論点からスタートしていきましょう(図表1)。

価値構成に関する論点図表1.価値構成に関する論点

 企業の主要な目的の1つは、顧客がお金を支払おうとする価値を生成することにあります。この価値は、さまざまな企業活動の結果として生まれるものです。

 今回のテーマである価値構成とは、「ターゲット顧客に価値を生成するために必要な一連の企業活動の配置とその有機的なつながりを示すもの」です(図2)。これらの企業活動をここでは、「プロセスグループ(粒度の荒いアクティビティ)」と呼ぶことにしましょう。もちろん、価値構成はサプライヤーやパートナーなどの外部協力を得て構築されることもあります。

 マイケル・ポーター教授が提唱する「バリューチェーン(価値連鎖)モデル」は、価値構成のタイプの1つです。ポーター教授は、企業全体をぼんやりと眺めただけでは競争優位を理解することはできず、設計、製造、マーケティングといった具体的な活動におけるコストドライバー(コストに影響を与える要因)と価値ドライバー(価値の差別化に影響を与える要因)を明確にするがあると指摘しています。

価値構成の定義と属性図表2.価値構成の定義と属性

 多くの製造業者が新しい競争戦略の策定の分析にポーターのバリューチェーンを活用する一方で、サービスやテクノロジーを中核とする企業にとってバリューチェーンを適用することが難しいことが指摘されてきたことも事実です。

バックナンバー