SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

人工知能社会論からの考察

第5の科学である「AI駆動型科学」の誕生

第2部 第1回:人工知能による科学研究の加速

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「第5の科学」は、すでに始まっている

 20世紀の後半には複雑系の研究がさかんになったが、未だに根本的な糸口が見つかっていない。それは人間の「認知能力」と「脳の作業記憶容量」を超えてしまうほどの情報があるからだろう。データからの法則性の発見、さらに仮説生成の自動化が加われば、複雑系科学研究においても変革が起こるはずだ。このインパクトは基礎科学にとどまらず、例えば実業では新製品の考案や新規市場の開拓なども仮説生成と検証のサイクルで成されており、産業構造自体にも大きく影響するであろう。

 AIを利用して仮説をいかに効率良く立てるか、仮説生成を加速させるかが今後重要となる一方で、科学的発見のすべてのプロセスに渡りAIがサイクルを回す(サイエンスの自動化)ことも、第5の科学における焦点である。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
人工知能社会論からの考察連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高橋 恒一(タカハシ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング