SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

人工知能社会論からの考察

第5の科学である「AI駆動型科学」の誕生

第2部 第1回:人工知能による科学研究の加速

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“科学するAI”の登場

 では、AI駆動型科学、言い換えれば“科学するAI”とはどんなものだろうか。

 私は理研・生命システム研究センターにて生命科学に携わりながら、全脳アーキテクチャイニシアチブの副代表、慶應義塾大学特任准教授としてAIの開発にも関わっており、AIを科学研究の現場に応用する重要性を痛感している。今回はAIが科学をどのように変えるか、またそれが産業へどう波及するかを考えてみたい。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
人工知能社会論からの考察連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高橋 恒一(タカハシ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング