Biz/Zineニュース

ロボットスタート、国内コミュニケーションロボット業界を俯瞰するカオスマップ2016Q4版発表

業界を39分類に可視化、アプリデベロッパーも200社以上掲載

 ロボットビジネスを行っているロボットスタートは、国内のコミュニケーションロボット業界を俯瞰する業界マップ(カオスマップ)、「国内コミュニケーションロボット業界マップ」の2016Q4版を公開した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ロボット

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このマップでは、ロボットを39分類しており、69種類がラインナップ。アプリデベロッパー企業や各種サービスなどは前バージョンから150以上が追加され、そのうち、アプリデベロッパーは202社を数える。

 今回追加された分類は以下の7分類。

  • Amusement(娯楽)
  • Performer(パフォーマー)
  • Contest(コンテスト)
  • Voice Watermark(音声透かしエンジン)
  • Sensor(センサー)
  • Emotion Engine(感情エンジン)
  • Mass Production(量産)

 フルサイズのPDFファイルは、ロボットライブラリからダウンロード可能。なお、ダウンロードにはロボットライブラリのアカウント(登録は無料)が必要になる。

 また、 11月4日(金)より、有料版カオスマップの配布も開始。有料版には、すべてのロゴに各サービスと提供する企業のWebサイトへのリンクが埋め込まれているので、カオスマップのリンクをクリックすると、詳細な情報の確認ができる。 有料版のダウンロードURLは、 ロボットスタートが運営するロボット情報のWebマガジン「ロボスタ」内で後日告知される予定となっている。

A3サイズの印刷の際の各ロゴも鮮明化した