SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineプレス

SPEEDA、NewsPicksで進撃するユーザベース稲垣氏が語るグローバル戦略- yentaイベント

yenta主催「日本のグローバル化を考える会」Vol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ここだけは守る、「ミッション&バリュー」の定義が成長の要

ユーザベースには、外国籍の社員が数多く在籍している。言語や文化の違いから、当然話が噛み合わないことが出てくるが、「違いを認める文化」を強く意識をしている。そのため、外国での経営は現地の人間に任せたり、現地の文化を理解するようにして、うまく権限委譲しながら経営をしている。

その際に重要になってくるのが「ミッションとバリュー」だという。
ユーザベースでは、ミッションとバリューだけを定義しており、ここだけは守るということを徹底しているとのこと。他の細かい違いは許容することができるのも、定めたミッション&バリューへの強い理解があることで、同じ方向を向いて進んでいけるからだと言えるだろう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineプレス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡 利幸(オカ トシユキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング