SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

IoTサービスデザインによる「IoT進化論」

IoTの進化の初期段階「カスタム期」におけるマネタイズを実現するサービスデザインとは

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「データを知性に変換する」ための4つのレイヤー

 成果指向のIoTサービスデザインにおいては、何らかの分析方法論や技術を活用することによって、対象とするオペレーション領域とそのプロセスにおけるより良い意思決定に役立つような「知性に変換すること」も検討していきます。ここでは、様々なデータソースから収集されたデータを知性に変換するための4つのレイヤー(価値ピラミッド)、その変換に必要とされる典型的な技術についてご紹介しましょう(図5)。

 例えば、農作物を生産することに関連するヒトやモノから収集されたデータにラベルやカテゴリを付与して体系化することによって、以下のような情報に変換することができるでしょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
IoTサービスデザインによる「IoT進化論」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

白井 和康(シライ カズヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング