SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

意志をブランドにして伝えるArchBRANDING

日本企業の弱点は「深層価値の不在」、価値を生み出すためのモデルを考える

第四回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

深層価値は魅力的なストーリー創り

 いろいろとサンプルを示してきましたが、企業も部門もプロジェクトも個人も魅力的なストーリー創りを行うことはとても重要なことです。これは自分(達)から突き上げる価値観をデザインするということになり、結局のところ自分自身が何であるか、何を大切にしているかが問われることになります。日頃会社の為に仕事をしている方々にとっては、この問いは辛い方が多いようです。

 しかし、自分(達)から突き上げる価値観を持たないと、会社の為、社員の為、お客様の為といくら唱えても、その望みは叶わないように思います。まずは、自分が価値を感じ、それをデザインすることが大事なのであり、そこから他人、自社、お客様の価値をデザインしたり、理解したりすることができるのです。このことは、日本企業のプロダクトやプロジェクトの迷走や、企業の生産性が低いひとつの要因かもしれません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
意志をブランドにして伝えるArchBRANDING連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

萩本 順三(ハギモトジュンゾウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング