サイトライン、NECのAIエンジンと連携したIIoTデータの収集・分析・可視化ソフトを提供開始

 日本サイトラインシステムズは、NECのAIエンジンと連携したリアルタイムパフォーマンスマネジメントソフトウェア「Sightline EDM(Enterprise Data Manager™)」の提供を8月6日より開始したと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データのリアルタイム収集・蓄積・分析を行い、情報をさまざまな表現で可視化できるサイトラインの「Sightline EDM」と、収集されるデータからシステムの振る舞いを学習・監視し、平常時と異なる挙動を自動的に検知するNECのAIエンジン「インバリアント分析」が連携したソフトウェアになるという。

 NECとサイトラインが連携した「Sightline EDM」は、顧客の所有する既存のITシステムあるいは製造プロセスにおいて改善すべき問題部分の早期発見や、それに基づくパフォーマンス(性能)マネジメントが可能になるという。また必要なリソースを早期認識できるキャパシティマネジメントも可能となり、ITシステムまたは工場のライフサイクルの効率化を実現できるとしている。