SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

日本流ティール組織とは

次世代型組織『ティール組織』の3つの特徴──実務的な要点を掴んで、小さな一歩を見つける

第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

個人としての全体性の発揮を高めるために必要なものは?

ホールネス(個人としての全体性の発揮)

 3つ目の要点は、「個人としての全体性の発揮」ができているということです。2つ目の要点である自主経営を、組織的により機能させていくために、「メンバー全員の能力が存分に発揮されていることや、個人的な不安やメンバーとの関係性の上での気になること等に寄り添い合えること」が大切になってきます。このことを、「個人としての全体性の発揮(ホールネス)」としています。

 個人としての全体性の発揮については、何より、経営トップ自らの全体性の回復(自分自身の希望や痛みを感じ、心の奥底で大切にしていることと共にいること)が先にあります。トップ自体がどのような希望や痛みがあり、今後、どのような経営を実現していきたいのか、この想いが根底にあることが大切です。この意識状態は、例えば、トップ自身は横に置き、部下に変わってもらうことを期待している意識状態とは明確な違いがあることがわかります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
日本流ティール組織とは連載記事一覧
この記事の著者

吉原 史郎(ヨシハラ シロウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング