カオナビがリクルートの適性検査「SPI3」の正式提供開始、顔写真でタイプマップ表示

カオナビは、 リクルートマネジメントソリューションズの適性検査である「SPI3」の提供を開始する。カオナビ上で「SPI3」を受検、結果を一元管理できるほか、顔写真によるタイプマップ表示が可能になる。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] HRテック 人材管理

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カオナビは、同社のクラウド人材管理サービス『カオナビ』と2017年9月に「SPI3」とのサービス連携を発表して以来、一部顧客に試験導入実施してきた。今回、『カオナビ』を導入する全ての企業様への正式提供が可能となった。今回の「SPI3」の導入により、 『カオナビ』は、 基本的な情報を集約した社員の人事データに加え、 性格まで顔写真に紐づけることができ、 人材の適正配置や抜擢・人材育成等のマネジメントに活用することができるようになる。

『カオナビ』上での「SPI3」の活用によって期待できる効果としては、1)適正な人材配置、2)社員の才能発掘(パフォーマンス向上)、3)適切なコミュニケーションの促進、4)SPI3診断結果の一元管理、5) 離職防止に貢献、などがあげられるという。

 本サービスの提供は、 当社が目指す「人材プラットフォーム構想」の実現に向け、 企業が従業員との継続的な関係構築を行っていく「エンプロイージャーニー」に焦点を当てた取り組みの一つだという。

■サービス連携詳細
・提供開始日 : 2018年9月19日(水) より開始
・利用条件 : カオナビ利用企業
・価格 : 4,000円(一人当たり)
・URL : https://www.kaonavi.jp/function/10/