SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

ビジネスデザイナーに求められる「失敗のデザイン」と「一点突破」。その実践的で泥臭い方法とは?

Business Design Talk Vol.01 ゲスト:QUANTUM井上裕太氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“新規事業は失敗する”を前提に考える、「失敗のデザイン」とは

岩嵜博論氏(以下、敬称略):さきほどの井上さんの話と関連すると思いますが、大企業での新規事業について考える時に、「失敗のデザイン」をどうするかがトピックになると思います。成功は当然望ましいのですが、ある程度の確率で失敗は必ず起きるものです。特に大企業では、何かをする際にうまくいかない場合が最初から想定されていないので、失敗に対して極めて不寛容です。新規事業を作る際には確率論的に失敗が発生することを想定しないといけません。失敗が起きた時の状況をどう考えて、どうアクションをするかを、あらかじめ設定しておくことが大事ではないかと思います。

井上:スタートアップではピボット(方向転換)をよくしますが、大企業ではものすごく大変で、「変更になった理由をロジカルに説明せよ」と言われます。ですから、最初からいわば新規事業開発の「オペレーティングシステム」にピボットを組み込んでおきます。また、一度決定した方針を変更することにすごく抵抗があるので、「これはあくまで一時的な方向性で、検証を重ねて修正していきます」と何度も強調するなど、言葉の選び方にも気をつけています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング