JR東日本、AIを活用した無人決済店舗の実証実験を10月17日から赤羽駅で実施

 東日本旅客鉄道(JR東日本)とJR東日本スタートアップは、サインポストが開発したAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を使って、10月17日より東京都北区の赤羽駅5・6番線ホーム上店舗で、実証実験を実施すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR東日本とJR東日本スタートアップは、ベンチャー企業と協業し新たなビジネス・サービスを実現する 「JR東日本スタートアッププログラム」を開催している。今回実証実験で使われる「スーパーワンダーレジ」は、このプログラムのアクセラレーションコースにおいて、2017年度最優秀賞を受賞したサインポストが開発したAI無人決済システム。

実証実験の目的

 2017年11月に大宮駅で実施した実証実験結果を踏まえ、AI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」の商品認識率や決済認識率を向上を目指すという。また、新たに複数人を同時に追跡して決済を可能にすることで、無人決済店舗の実用化を目指すとしている。

実証実験内容

 赤羽駅ホーム上のKIOSK跡を活用した特設店舗で、一般の来店客を対象に無人決済店舗の実証実験を行う。「スーパーワンダーレジ」を導入することで、食品や飲料など来店客が選んだ商品をAIが把握し、自動的に購入金額を算出。レジで会計待ちをすることなく、交通系電子マネーで短時間に決済を行うことができる仕組みとなっている。

実証実験の概要

  • 期間:2018年10月17日(水)から2カ月程度
  • 営業時間:10:00~20:00 ※平日のみ。土日祝は休み。
  • 場所:赤羽駅5、6番線ホーム上特設店舗(東京都北区赤羽1丁目1-1)
  • 店舗面積:約21平方メートル
  • 販売商品:約140種類(飲料、ベーカリー、菓子類)※紀ノ国屋の商品。店舗状況により、内容等が予告なく変更となる場合がある。

実証実験の手順

来店客の買い物手順

  1. 店舗入口で交通系電子マネーをかざして入店
  2. 売場の商品棚から商品を手に取り、決済ゾーンへ
  3. 壁掛けディスプレイで購入する商品名と合計金額を確認
  4. 交通系電子マネーで決済
  5. 決済が完了すると出口ゲートが開く

AI無人決済システムの動き

  1. 天井に設置されたカメラがお客さまを認識
  2. 商品棚にそれぞれ設置されたカメラ等のセンサーにて、来店客が手に取った商品を認識
  3. 自動的に購入商品の合計額を算出し、壁掛けディスプレイに表示