NTT Comとネクストスケープ、AIと対話しながら作業ができる複合現実空間ソリューションを提供開始

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とネクストスケープは、ヘッドマウント型のMRデバイス「Microsoft HoloLens」と、対話型自然言語解析AIエンジン「Communication Engine“COTOHA(R) Virtual Assistant”」(以下 COTOHA VA)を連携させたMR(Mixed Reality・複合現実)ソリューションの提供を10月4日より開始すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 複合現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このソリューションでは、「Microsoft HoloLens」を装着した作業者は「COTOHA VA」に語りかけることで、作業に必要な情報をAIから聞き出すことができる。そして、AIの発話内容や補足情報を「Microsoft HoloLens」上のディスプレイに表示することが可能となる。「COTOHA VA」はさまざまな業務システムとの接続ができ、メールやスケジュールの情報を参照することもできるようになるという。

 音声による指示、対話が可能なため、作業者はハンズフリーで業務に集中することができ、作業効率の大幅な改善や、キーボードが使えない環境でのICTリソースの活用が可能になるとしている。