Biz/Zineニュース

インフィニットループ、VR+AR技術を用いたインテリアシミュレーターの提供を開始

 インフィニットループは、リビングスタイルと連携し、VR+AR技術を用いて、スマホ上でショールームの体験から自宅シミュレーション、購入までできるサービス「Grooon」の提供を開始した。第一弾として、インテリアショップ「Re:CENO」が導入。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー VR AR

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフィニットループが開発した「Grooon」は、撮影された360°の画像を、VRで「パノラマツアー」として展開している。スマートフォンでインテリア販売サイトへアクセスすると、実際に商品を展示しているショールームを見て回ることができる。

 「Grooon」はリビングスタイルが配信する「RoomCo AR」アプリと連携している。ショールームで展示されている家具をタップすると、「RoomCo AR」上で価格やサイズ、カラー等の商品の説明を見ることができます。そこから家具配置画面に遷移し、AR機能で、今いる場所へ簡単に家具を配置できる。

 スマホ画面上でARで再現される家具は原寸と同じ比率で表示され、実際に部屋に配置したときのサイズやカラー、雰囲気をシミュレーションすることができる。ここで選んだ家具は「RoomCo AR」アプリから販売ページへ連携し、そのまま購入ができるという。

 家具探しから購入までのスムーズな体験を提供することで、販売の促進につながるとしている。