カオナビと楽天技術研究所が「コンディション予測AI」の開発プロジェクトを開始

 カオナビは、楽天技術研究所と連携し、従業員のコンディションや退職リスクを予測するAIの開発プロジェクト「HR Dataイノベーションプロジェクト」の開始を発表した。また、このプロジェクトへの参加企業を2月8日~3月29日の期間で募集するという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カオナビと楽天技術研究所は、「HR Dataイノベーションプロジェクト」を通じて、AIを使って、社員のコンディションや退職リスクを事前に予測する機能の開発を目指す。カオナビと参加企業が収集したアンケートや人事データ(勤怠、性格、顔画像、ストレス、退職状況など)を、楽天技術研究所のディープラーニング技術を用いて分析し、高精度の予測を行うAIを開発するとしている。

 また、協力する参加企業には、データの分析結果や完成したAIの先行提供などを予定しているという。

 参加企業は以下の条件で募集している。

  • カオナビを導入している、もしくは導入を検討している企業
  • 人事データ(勤怠、性格、顔画像、ストレス、退職状況など)の収集・提供にご協力いただける企業
  • 従業員のコンディション管理・退職などに課題意識をお持ちの企業

 募集期限は2月8日から3月29日で、参加フォームからの申し込みが必要。