さくらインターネット、クラウド上で衛星データの分析ができるプラットフォーム「Tellus」を運用開始

 さくらインターネットは、クラウド上で衛星データの分析ができる衛星データプラットフォーム「Tellus」を2月21日より運用開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 データテクノロジー テクノロジー 宇宙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネットは、経済産業省の「平成30年度政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備事業」の受託企業として、クラウド上で衛星データの分析ができる衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」を2月21日より運用開始した。

 さくらインターネットは、「Tellus」を通じて、衛星データやそのデータを扱うツールの提供、アプリケーションなどの開発環境を無償で提供する。また、「Tellus」は衛星データ活用のためのトレーニングや衛星データコンテストとった教育コンテンツ、衛星データ活用に関するオウンドメディアも有するという。今後は衛星データに加え、気象、人流などの地上データを順次搭載していくとしている。

 また、さくらインターネット フェローの小笠原治氏が「Tellus」の開発・利用促進を行うアライアンス「xData Alliance」にシスコシステムズとシャープが参画したことを紹介した。このアライアンスには、AIやデータ分析を専門とする企業だけでなく、インフラ領域の企業やスタートアップに投資しているベンチャーキャピタルも参画している。

 運用開始に際してさくらインターネット代表取締役社長の田中邦裕氏は「『Tellus』はシステム開発のプロジェクトではありません。実際に『Tellus』のユーザーが増えていき、社会を変えるビジネスをつくることが一番重要なポイントです」と話した。

さくらインターネット株式会社 代表取締役社長 田中 邦裕氏さくらインターネット株式会社 代表取締役社長 田中 邦裕氏