SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

起業家教育全米No.1バブソン大学・山川准教授が語る、イノベーションに必要な3つの行動原則とは

講演者:Babson College 准教授 / Venture Café Tokyo 代表理事 山川 恭弘氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「CHANGEをCHANCE」にという、VUCAに対するマインドセットとは

 最も重要なのは「DESIRE:私は誰か?何をしたいのか?」。しかしながら、あくまでそれは出発地点であり、そこから生まれたものにいかにフィードバックを受けながら柔軟に対応し、成長させていくか。それが起業のサステナブルな成長につながっていくというわけだ。

私達はVolatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という予測不能な時代に面しつつあるといわれています。それを転じてVision(ビジョンを持ち)、Understanding(理解し合い)、Clarity(明快に)Agility(すばやく行動)すれば、変化はチャンスになるはずです。予測不能だからといってグチをいいながら固まるのではなく、まずはアクションあるのみ。体を動かしましょう。経験を重ね、知識がある人ほど、ブレーキ機能が強く、評論家になりがち。評論して何かをストップすることは簡単です。やってみるほうが難しい。だからこそ、ぜひとも行動していただきたいのです

 CHANGEとCHANCEではたった一文字異なるだけ。予測不能な変化の時代こそ、世界をより良く変えるチャンスでもある。そしてそれは荒唐無稽なことではなく、身近な人を幸せにすることにもつながる。そのためにはまずは自分から動き出すことが大切だ。山川氏は繰り返して強調し、最後は会場全体での「I will do something.」「I will take action.」「I will change my world.」の合唱で、講演のまとめとした。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング