Dropboxが大幅アップデートを発表。Slack、Zoom、Atlassianと連携し統合性を強化

 Dropboxの日本法人であるDropboxJapan株式会社が、新たな統合ワークスペースの提供開始を発表。Dropboxとしては大幅な機能のアップデートとなる。デスクトップのDropbox、dropbox.comおよびモバイルアプリに反映されることで、各種ファイルや分散するツール、さらにチームが1つのワークスペース上に統合される。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] クラウド SaaS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 すでに6月12日より、先行アクセス※プログラムのユーザーに対し提供が開始され、6月20日の「DropboxConnect2019inTokyo」の中で、同社CTOのクエンティン・クラーク(QuentinClark)により紹介された。

 同イベントの会場で行われた記者会見で、DropboxJapanの五十嵐光喜社長は、「日本では1日のうち35%が本来の業務以外の時間に割かれている。既存の情報を探したり。会議のための調整などの時間だ。今回のDropboxの機能強化は日本の働き方改革にも貢献できると考える」と述べる。

 さらにCTOのクラーク氏は以下のように語った。

「現在、ファイルはさまざまなデバイスやクラウド、ハードドライブ等に散らばり、仕事は分断されている。アプリケーションもユーザーが自身のニーズにあったものを選択肢、会社や組織に導入されるようになった。そのため相互にデータのやりとりやアプリ間のワークフローの分断が課題だった。Dropboxは、こうした仕事上のストレスを削減することに注力しており、一元化する煩雑な作業から解放され、業務に集中できるようになる。」

Dropbox Japan 代表取締役社長 五十嵐光喜/Dropbox,Inc.CTO クエンティン・クラーク(QuentinClark)

今回のDropboxのアップデートは以下の内容となる。

【すべてのコンテンツを1か所に】

新しいDropboxでは、次のようなウェブベースのファイルをDropboxファイルシステムに取り込み、すべてのコンテンツを1か所で管理できるようになる。

・クラウドベースのコンテンツ:
Googleドキュメント/スプレッドシート/スライドなどのウェブベースのファイルをDropboxで作成し、アクセスや共有が可能。MicrosoftOfficeファイルをOfficeOnlineやGoogleドキュメントで開くこともできます。

・ウェブコンテンツへのショートカット:
Atlassian社が提供するTrelloボードなどの生産性向上ツールや、Wikiページ、ニュース記事などへのリンクといったウェブショートカットを作成して、従来のコンテンツと一緒にDropboxに保存することができるようになる。

WindowsのシステムトレイとmacOSのメニューバーにあるDropboxアイコンをクリックした際に表示される内容も刷新された。共有コンテンツのアクティビティ把握や重要なファイルへの素早いアクセスが可能になるとともに、新規コンテンツをDropboxから直接作成できるようになった。また、チームアクティビティフィードを参照して、共有ファイルの更新状況を確認することもできる。

【各種ツールをリンク】
新しいDropboxでは、ユーザーに人気の高いツールをDropboxからそのまま利用できるため、アプリの切り替えにかかる時間が短縮され、より多くの時間を業務そのものに当てることができる。今回のアップデートにより、次のような機能が追加。

・Dropbox上でSlackアプリを立ち上げずにSlackの会話を開始し、Slackのチャンネルにファイルへのリンクを直接送信。さらに、Slackの会話上でDropboxファイルを簡単に共有することも可能。

・Dropboxから直接ZoomMeetingsへの参加や開催ができ、ZoomでそのままDropboxのファイルを画面共有することも可能。

・Dropboxファイルの横に表示されるSlackとZoomの共有アクティビティを確認することができる。

今回Dropboxは、Atlassian社とも戦略的パートナーシップを締結いたしました。DropboxとAtlassianのプラットフォームは、今後数か月間で緊密に統合され、共同作業におけるプロジェクトの整理、調整、実行がよりスムーズになる予定。

【チームの連携を強化】
デスクトップ、モバイル、ウェブでフォルダの機能が強化され、共同作業のための便利なワークスペースとなった。この機能は新しいデスクトップアプリの先行アクセスプログラムを通じて提供されます。強化される機能は以下の通り。

・ファイルの固定:
ファイルをフォルダの最上部にピン留めして、フォルダにアクセスできる全員が重要なコンテンツにすばやくアクセスできるようになる。

・フォルダに説明を追加:
ファイルの関連情報をメンバーに伝えることができる。

・To-doリストを作成:
フォルダの最上部にリストを作成できる。

・チームメイトに@メンション:
フォルダの説明やTo-doリストにメンバーの注意を向けさせることができる。

・最新のファイルアクティビティを把握:
あらゆるデバイスからSlackやZoomに共有されたコンテンツを含め、アクティビティを確認できる。

・閲覧者情報を確認:
デスクトップアプリでも閲覧者表示機能を使えるようになった。

・共有コンテンツへのコメント機能:
デスクトップ、モバイル、ウェブのいずれからもファイルにコメントを付けることができる。

新しいデスクトップアプリは、先行アクセスプログラムに参加することで利用できる。また、企業管理者の方は管理コンソールからチーム全員を参加させることができる。これらの機能は、Dropboxの全ユーザーを対象に、今後数週間で段階的にリリースされる予定

■関連リンク
新しくなった Dropbox のご紹介
https://navi.dropbox.jp/meet-the-new-dropbox