Sansanの名刺アプリ「Eight」、三井不動産の「ワークスタイリング」と連携

 Sansanの提供する個人向け名刺アプリ「Eight」は、三井不動産と連携し、三井不動産が提供する法人向け多拠点型シェアオフィス「ワークスタイリング」の全国40拠点に、Eight専用の名刺読み込みスキャナーを設置すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回のスキャナー設置は、Eightが進めるビジネスパーソンの生産性向上施策「どこでもスキャン計画」に、ワークスタイリングが協力したことによって実現した。全国に展開するワークスタイリング全40拠点に、Eightの専用名刺読み込みスキャナーを設置。ワークスタイリング利用者は各拠点で自由にスキャナーを使用、簡単に個々の名刺をデータ化することができる。

 現在、東京ミッドタウン(六本木)、八重洲、汐留、新宿西口の4カ所に専用スキャナーが設置されており、順次展開し、8月末日までに全拠点への設置を完了する予定だという。