ノキア、日本企業への5GとIoTサービス提供のため、戦略的エコシステムパートナーシップを構築

 ノキアは、日本でローカル5G/プライベートLTEを日本の産業界や官公庁の顧客に提供すべく、戦略的パートナーシップのエコシステムを構築していることを発表した。2019年末に企業向けにリリースされる予定のローカル5G用周波数帯域を活用し、エンドツーエンドの産業向けプライベートLTEポートフォリオを提供することで、日本の産業向けIoTの促進に貢献することを目指す。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT 5G

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回ノキアは、産業向けIoTで日鉄ソリューションズ、グローバルIoTで丸紅、フルMVNOでインターネットイニシアティブ、マルチクラウドおよびグローバルデータセンターでエクイニクス、そして、映像ソリューションを活用したスマート社会インフラ・スマートシティには、日立国際電気とのパートナーシップを構築したという。これらのパートナー企業を通じて、ノキアのエンドツーエンドの製品および、安全で信頼性が高く、遅延の少ない接続サービスを提供していく。

 ノキアソリューションズ&ネットワークス代表執行役員社長のジョン・ハリントン氏「ノキアは、国内で増え続けるローカル5G/プライベートLTEのニーズに応えるべく、さまざまな産業のお客様とのエコシステムパートナーシップを戦略的に構築により、信頼でき安全な大容量の接続を産業界のお客様に提供していきます。日本での周波数帯域のリリースにより、ノキアは、技術、サービス、パートナーシップを独自に組み合わせ、お客様がデジタルトランスフォーメーションを始動できるようなエンドツーエンド・ソリューションを展開できるようサポートしてきます」と述べた。