SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

カスタマーサクセスの実践知

顧客の可視化が全社にもたらす“改善”──顧客の成功を定義し、状況を整理するために必要なこと

第4回(後編) ゲスト:株式会社ビズリーチ 鈴木雄太さん、HiCustomer株式会社 高橋歩さん

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

HiCustomerが勧める顧客の状況整理方法

小林:HiCustomerさんは提供サービスの中で、カスタマーサクセスを行う企業の顧客可視化を支援する機能を提供していますが、顧客の可視化に悩んでいない、または顧客の可視化の重要性に気づいていない企業はまだまだ多いのではないでしょうか。

高橋:そうですね。そもそも、顧客の可視化といっても、ただデータを並べればよいというわけではありません。可視化することで、「この機能の使用率を上げるためには何をすればいいのか」と考えたり、「この数値が上がったらサクセスになったと言えるはずだ」と考えたりできるようになることが非常に重要です。つまり、カスタマーサクセスチームを作り、適切なアクションを行っていくためには、顧客の可視化は大前提なんですよね。私たちのミッションは、それをお客様に伝えていくことだと思っています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
カスタマーサクセスの実践知連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小林 泰己(コバヤシ タイキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング