SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

湘南アイパーク、「湘南会議」で生まれた民間企業の共創による3つの認知症ビジネスモデルを発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、湘南アイパーク)は、「第二期 湘南会議」に参加する朝日新聞、アフラック生命保険、アルフレッサ、メットライフ生命保険が、認知症関連の3つのビジネスモデルを考案したことを発表した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 アルフレッサは、朝日新聞およびアフラック生命保険の協力のもと、「啓発PassWayプロジェクト」を展開、認知症を啓発する仕組みの実現を目指している。アフラック生命保険は、「湘南会議版オレンジリンク活動プロジェクト」と題し、認知症の人のQOL(生活の質)を向上させる仕組みを構築することを目指す。朝日新聞は、認知症の人の視点から描く映像作品を制作することにより、認知症における正しい理解を社会に広めることを目指すとしている。

 「湘南会議」は、湘南アイパークのファシリテーションのもと、神奈川県、藤沢市、鎌倉市の支援を受けて実施された、複数の民間企業が共創するコンソーシアム。「第二期 湘南会議」では、参加4企業が2019年7月~2019年11月の間、「すべての人が認知症に備え、いつまでも自分らしく生きられる社会を、本人視点で創っていく」ことをコンセプトに、認知症と共生する社会を創るためのビジネスの構築に向け議論を進めてきたという。今後、この3つのビジネスモデルは、それぞれ認知症の本人、家族、関係者、自治体などと緊密に連携しながら、商品化や事業化を目指すとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング