SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

KDDI、テラドローン、セコム、南相馬市において沿岸部および周辺広域施設のドローン警備実証実験を実施

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 KDDI、テラドローン、セコムは、2020年1月27日に福島県南相馬市の沿岸部および周辺の広域施設で、複数のドローンを連携させた警備の実証試験を実施した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 今回の実証実験では、全国をカバーするauのモバイル通信ネットワーク(4G LTE)に対応したスマートドローンを活用し、遠隔からの複数ドローンの制御や多拠点への映像配信、緊急時の急行指示などの運航管理が可能なことを確認した。

実証実験概要

 2020年1月27日に福島県南相馬市の協力のもと、以下の運航管理システムの有効性を確認した。

  • 広域施設における警備ドローンの運航管理:3台のドローンを運用し、広域施設内に設けた仮設の警備室からドローンの運航管理を行い、広大な施設の敷地境界周辺の巡回・俯瞰警備ができることを確認。
  • 災害発生などの緊急時における沿岸監視:地震により津波が発生し、南相馬市から広域施設の運営者に沿岸部の状況確認を要請した想定で実証実験を実施。広域施設内を巡回していたドローンのルートを変更して沿岸部に急行し、逃げ遅れた人がいないか確認。あわせて、6km離れた市役所庁舎からも沿岸部の状況が把握できることを確認。
  • 複数事業者ドローン運航時の衝突防止に向けた検証:本実証実験では宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)と共同で他の事業者が運航するドローンとの衝突防止に関する検証も実施。本実証実験ではJAXAが開発した運航管理シミュレータによって他の事業者によるドローンの運航を模擬し、運航管理システム間の情報共有にもとづく飛行計画の調整や飛行中の操作によって相互の接近・衝突を防止できることを確認。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング