SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

戦略・デザイン・対話

組織の創造性を生み出す「CCM理論」──ボトムアップ型で実現する両利きの経営とは?

ゲスト 株式会社ミミクリデザイン 安斎 勇樹氏、株式会社ドングリ ミナベ トモミ氏【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

1on1やトップダウンに対する、カウンターとしてのワークショップ

──両利きの経営をトップダウンではなくボトムアップの方向から達成するために、ワークショップが有効に機能すると感じました。ワークショップが本来持つ目的や効果には、どのようものがあるのでしょうか。

安斎:ワークショップは、トップダウンに対抗しボトムアップで何かをするための手法なのです。ワークショップはすでに100年以上行われています。たとえば演劇を教える時に座学でやっていても伝わらないから全員でワークショップを活用し演劇を作ったり、住民を巻き込むために町づくりに使われたり。日本初のワークショップは1947年の帝国大学で行われたものだと言われていますが、それまで天皇が決めていた教育というものが民主化され、現場の先生が教育をどうしていけばいいかと考えるために行われたんです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
戦略・デザイン・対話連載記事一覧

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング