Biz/Zineニュース

凸版印刷、製造現場のデジタル化における課題を解決する「NAVINECTクラウド」の販売を開始

 凸版印刷は、自社製造拠点のデジタル化のために開発・導入してきた製造アプリケーションを幅広い業界・業種向けに汎用化し、手軽に導入可能なクラウド型の製造DX支援ソリューション「NAVINECT(ナビネクト)クラウド」を製造業へ向けて販売開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「NAVINECTクラウド」は、2019年4月より提供している製造業向けDX支援ソリューション「NAVINECT」の主要なアプリケーションを汎用化しクラウド上で提供するもの。「生産点検」、「見える化」など製造現場のデジタル化においてニーズの高い5カテゴリのアプリケーションを提供、組み合わせて運用することができる。これまで自社でサーバーを設置するオンプレミスでの提供だったアプリケーションをクラウド上で提供することにより、製造現場でのサーバー設置が不要で手軽に導入することが可能となる。また、インターネット環境があればタブレットなどの情報通信端末などさまざまなデバイスで、どこからでも利用することができる。

 5カテゴリのうち「生産点検」、「見える化」のアプリケーションを5月21日より提供開始、「在庫管理」、「帳票管理」は2020年7月、「トレース」は2020年度中に順次提供予定だという。