セミナーレポート Remotework Doing

リモートワークは自律し成熟した社員でないとできないのか──経営者が語った、チームでの雑談が必要な理由

登壇者:ソニックガーデン 倉貫義人氏、メンバーズ 池田朋弘氏、プリンシプル 楠山健一郎氏

 前回のインタビューに登場したメンバーズは、オンラインでのセミナー(ウェビナー)を多数開催している。今回はそのひとつ、「リモートワーク先進企業の創業者に聞く!リモートコミュニケーションの仕組みづくりの秘訣」の内容をレポートする。
 登壇者はソニックガーデン代表取締役社長の倉貫義人氏、ポップインサイト創業者・元CEOでメンバーズ執行役員の池田朋弘氏、プリンシプル代表取締役の楠山健一郎氏。リモートワークの導入経緯や頻度もそれぞれに異なる3社のコミュニケーションやマネジメントの工夫が語られた。

[公開日]

[講演者] 倉貫 義人 池田 朋弘 楠山 健一郎 [取材・構成] やつづかえり [画] 青松 基 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] タレントマネジメント ワークスタイルIT ワークプレイス リモートワーク

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リモートワークで“失敗する会社”は「チームワークの課題」を抱えている

 全社員がリモートワークという体制をとるソニックガーデン。2020年5月時点で40数名の社員は19都道府県に分散しており、ときには旅をしながら働く人もいる。

 間接業務の自動化と各社員への徹底的な権限委譲により、間接部門を置かず、役員以外は全員プログラマという「管理しない経営」を実現している点でもユニークな会社だ。

 プログラマばかりの会社というと、各々がPCを使ってひとりで完結する仕事をしているからリモートワークが可能なのだと思われるかもしれない。

 しかし、ソニックガーデンが目指しているのは、チームワークをリモートで行うことだ。

リモートワーク

 同じリモートワークでも個人としてやるのかチームでやるのかでは大きく異なり、企業がリモートワークで失敗するのは、チームで働くための課題に対応できていないためであることが多いと、倉貫氏は指摘する。

「全社員リモートになって感じたのは『ちょっといいですか?』というやつができないんですね。会議は、時間を決めてやればいいんです。でも、『5分話せば解決すること』が仕事中にはある。5分でいいのに『ちょっと時間ください』と言ったら、『来週の火曜日13時から』と言われたりするんですよ。『チャットでやればいい』と思われるかもしれないけれど、5分話せばいいことを文章にする時間があるんだったら喋りたい。オフィスだったらできたのに、と思うんです」(倉貫氏)

 さらに、以下のように続けて見解を示した。

「廊下ですれ違ったときに雑談する、というようなこともオフィスだったからできたんです。そして、『会社に行く』ことで何より良かったのは、周りで人が働いている感じですよね。『自分もちゃんと働かなきゃ』という気持ちになる。リモートだと『みんな働いているのかな?』とひとりで不安になることがありました」(倉貫氏)

 チームで働くのに不可欠なコミュニケーションの多くが、オフィスがあるから成り立っていたわけだ。

バックナンバー