Biz/Zineニュース

MRHとNTT Com、ブロックチェーン技術などを活用したサプライチェーンDXの共同実験に合意

 三井物産流通ホールディングス(以下、MRH)と、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、ブロックチェーンおよびIoT技術を活用したサプライチェーンDXの実証実験を推進することに合意した。商品や物の流れを管理する「サプライチェーン情報基盤」と、企業間取引をデジタル化する「コネクティッドバリューチェーンを実現する基盤」との連携を目指し、今秋から実証実験を行う。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT ブロックチェーン DX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今秋から行う実験では、MRHが持つ流通分野での需給管理ノウハウを活用し、ブロックチェーン技術の流通業界への適用に必要な技術研究を進めるとともに、新たなサービス提供領域に向けたビジネスモデルの構築とサービス提供に向けた具体的な機能構築を進めていく。

 今回の取り組みは、Ethereumをベースとしたブロックチェーン技術にNTT研究所が開発したブロックチェーン活用技術を適用し、RFIDなどのIoTの情報と組み合わせた情報プラットフォーム「サプライチェーン情報基盤」の構築により、情報の活用に向けた検証を行う。加えて、「サプライチェーン情報基盤」と、NTT Comの企業間取引データプラットフォーム(仮称)を活用した複数の企業間の請求データをデジタル化・一覧化可能な「コネクティッドバリューチェーンを実現する基盤」との連携を目指す。

 本実験により両社は、MRHの持つ事業領域における本実験成果の適用の可能性と、生み出す付加価値を可視化し、DXの具体的な活用方法を確立することで、様々な業界におけるサプライチェーン領域での事業化を目指すとしている。